キャットフードの種類と選び方と注意点

キャットフードには、オールマイティーにバランスに優れた総合栄養食、缶詰などの人間で言えば主食ではなくおかずと呼ばれる一般食、人間が体調がよくない時に食べるお粥のような存在であり、おやつのような存在であり、足りない栄養素を補うサプリメントのような存在の療法食があり、日常では総合栄養食のものを与えたほうが健康には良いです。

 

お店で手に取ったものが総合栄養食なのか一般食や療法食なのかは、パッケージに書いてあるので購入時に確認することが大事です。

昔は人間のご飯の残り物を猫に与えることが多かったかもしれませんが、人と同じ食べ物は死にはしませんが栄養バランスが猫に合っていなくて健康に悪いし、肥満等の原因になるので与えるのを控え、きちんと猫用のキャットフードを購入したほうが良いです。

 

また、猫は味覚に優れていると同時に味にうるさく、一度この味だと思えばそれ以外の味を受けつけなくなることもあるため、子猫の時の初めの餌やりが肝心なので、健康のためにも味付けの濃すぎるものを与えないようにしたほうがいいです。

 

安さで選ぶのではなく、栄養バランスを考えて選ぶことも大切です。

ちなみに日清のキャラットシリーズはコスパも栄養素も総合的に見てお勧めできます。

 

同じものを購入するのであればネット購入でもいいですが、初めてキャットフードを購入する時はネットの口コミ情報と共に、近所のホームセンターで自分の目で成分を確認して、店員さんのアドバイスを参考にしたほうが賢明です。


関連記事


ランキング