可愛いペットにはちゃんとした食事を

ペットとして飼われる動物にはその動物に適したフードが販売されています。

他の動物のフードを食べるのは、アレルギー等の理由からしてNGです。

 

今回はキャットフードを選ぶ上での安全な物を紹介していきます。

 

まず選ぶ上で気を付けた方が良いのが原材料でしょう。

牛肉や鶏肉が使われているものが一般的ですが、中には、肉類と記載されているフードもあります。

 

これは具体的な材料は述べませんが、知るとあり得ないと思うほどの物が混じっているのです。

よく、売り場で安く売られているものに記載されています。

 

このフードは獣医の方でも手を付けない危ないものと言われていますので、絶対に買わないようにしましょう。

 

それでは安全なフードはどのようなものなのでしょうか。

まずよく見かけるのが、フード自体に色が付いているものですが、あくまで人間が美味しそうだなと思うように着色されています。

 

つまり着色料が使われています。

猫にとっては有害な物ですので、食べさせるのは避けた方が良いでしょう。

 

次に缶詰タイプの物ですが、保管方法等が悪いと劣化しやすい種類とも言えます。

なので食べ物に保存料が含まれているものが多いのです。

 

食べさせることを辞めさせると腹を下す猫が減ったという事も分かっています。

 

缶詰タイプの物も避けましょう。

そこで、栄養素から見るおすすめキャットフードは、まず高タンパク質であること、そして低炭水化物であることです。

 

原材料の一番目に魚や肉が書かれている物や、大麦や、オーツ麦が使われている物が望ましいと言われています。


関連記事


ランキング