猫はとてもデリケート。ストレスを感じさせない環境を

人間に媚びず、マイペースに振る舞う猫の気まぐれな魅力に夢中になる人が増えています。自分の世界を持つ猫は、観察しているだけでも様々な行動をするので、見ていて飽きることがありません。

 

マイペースな分、ペットの中でもストレスを溜めやすい動物でもあります。

ストレスを感じた猫は今までと違う行動をするようになります。よく鳴くようになったり、威嚇行動を取ったり、気の弱い猫だと円形脱毛症になったりもします。

 

猫がストレスを感じる原因は、主に環境の変化にあることが殆どです。自分のペースを飼い主の都合によって乱される事で、飼い主が想像する以上のストレスを感じる事があるのです。

 

例えば、常に家の中で飼っている猫を気まぐれに外に連れ出す事で、猫が外に行きたいと願うようになり、その要求が満たされないと外に行きたい、とよく鳴くようになってしまいます。

 

また、普段学校に通っている小学生などが夏休みなどに毎日猫を可愛がるあまり過度にスキンシップを取ってしまい、あまり長時間ベタベタ触られるのが好きではない猫がストレスから円形脱毛症になってしまったという例や、今まで一匹で飼われていた家に、飼い主が新しい子猫を連れてきた為に、先に飼われていた猫の性格が豹変し、目つきも鋭くなり威嚇行動をするようになった、という話もあります。

 

猫を買うということは、一人のデリケートな同居人が増えるのと同じ事です。猫がストレスを感じる事が無いよう、マイペースで過ごせるような環境を常に与えてあげることが、長く良い関係を続けていく為には必要です。


関連記事


ランキング