猫セラピー(猫は人類を救う)

猫を飼う前に一番最初に決める事は、完全なる室内猫にするか家と外を自由に行き来する半放し飼い猫にするかに分かれます。

 

室内猫の場合はノミに悩ませられる心配も、病気やけが、妊娠の心配もなくなります。
ですから私は室内猫にするのがやはりおすすめです。

とは言っても猫にとっては家と外を自由に行き来できる方がストレスは少ないでしょう。

 

その場合、メス猫は必ず去勢手術をさせてあげて下さい。
猫は一度に4,5匹子猫を産みます。

 

私も近いうちに連れて行こうと思っていた時に、飼い猫が妊娠して大変な思いをしました。
里親を募集して2匹は引き取ってもらいましが、残りの3匹と親猫合わせて4匹、現在進行形で私の家で生活しています。

 

できればオス猫も去勢してあげて下さい、子猫はみなさんが思っている以上に簡単に親とはぐれてしまいます。

野良ネコの場合は車にひかれたり、親猫と一緒に餓死したり。
これは私からのお願いでもあります。
去勢手術はメス猫で3万、オス猫で2万くらい。
動物病院は人間と違い保険がきかない為、1度の診療で1、2万かるく飛びます!
これは覚えていた方がよいでしょう。

 

室内猫でも去勢させた方が好ましいです、部屋にマーキングしたりウロウロ落ち着きがない状態。
これは去勢手術をする事でほぼ改善されます。

 

それから猫あるあるなのですが、人間が落ち込んでいる時に猫が側にいる事が多いんです、これは本当に不思議です。
色々大変な事はありますが、猫にはいつも癒されまくっています。

 

ある意味猫は人類を救う切り札になるのかもしれかせん。


関連記事


ランキング