猫は家猫で飼うか外猫で飼うかで違ってきます

猫はすごく可愛いものです。猫の種類にもよりますが、ペルシャ猫やアメリカンショートヘアーなどの高級な猫を飼う場合は家猫として、部屋の中だけで飼う方がいいでしょう。
外に出して、病気になったり事故にあったり、他の猫と喧嘩をして怪我をしたりして大変です。

 

家猫として飼う場合は、部屋にトイレを置く必要があります。
ペットショップで猫用のトイレを買ってくる必要があります。

 

トイレの砂も買わねばなりません。最近の猫のトイレの砂はおしっこをした後、砂が固まるようになっていて、とても衛生的にできています。

猫は割と簡単にトイレを覚えますので、それほどトイレトレーニングに苦労することはないでしょう。

 

猫を飼い始める時には、動物病院に連れて行って、健康診断を受け、混合ワクチンの接種を受けることも必要です。

猫によっては外で放し飼いをする人もいますが、外で買うと、夜になると家に帰ってくるような猫もいます。

 

家猫は外に出るのをひどく怖がりますので、外に出すのはやめたほうがいいでしょう。交通事故にあったりするのが心配ですから、家の中だけで飼ったほうがいいです。

 

キャットフードにはドライフードとウェットフードがあって、両方与えるのがバランスが良くていいです。

 

犬と違って、食事の時間が決まっていないので、猫は食べたい時に食べる習性があるので、ドライフードをお椀に入れて常に置いておく必要があります。

気まぐれなので、食べたくなったら食べるようです。

 

爪とぎ用の器具も置いていると外に出ない猫にはいいものです。

猫は遊ぶのが大好きで、狭いところが好きです。

ゴミ箱に入っていたり、箱に入っていたりします。その仕草がとっても可愛いのです。お椀のようなものを置いているとそこに丸まって入っていることもあります。

 

毛足の長い猫を飼った場合はグルーミングに定期的に連れていく必要があります。猫は水を嫌いますから、お風呂に入れるのはなかなか難しいのです。

 

ペルシャ猫のような毛足が長くて綺麗な猫はグルーミングに連れて行った時に、爪も一緒にカットしてもらうといいです。

 

子猫の頃は走り回ったり、かなりアクティブですが、年を取ってくるにつれて、落ち着いてきます。

 

マーキングと言って、オス猫の場合、あちこちにオシッコをかけて匂い付けをすることをしますが、猫の習性として仕方がないことです。

猫は狭いところが好きなので、寝床は猫用のハウスなどを買ってきて与えていると、中に入って寝るようになります。


関連記事


ランキング